香川漆器と家具

ホーム > 香川漆器と家具

ふだん使いで漆器を愉しむ

幾度も漆を塗り重ねて磨かれた漆器にはしっとりと肌になじむ感触があり、長く愛用していくうちに美しい艶が生まれ、味わい深くなってきます。
しかし漆器の扱いには何かと気を使うという風評がありますがレンジや食器乾燥機に入れたり、陶器と一緒に強く洗ったりしないで優しく洗えば特に難しいことはありません。

素材に木を用いた漆器は陶器、ガラス器に比べて熱が伝わりにくいことも大きな特長。熱い汁の入った器を持って飲めます。しっかりとした素地でつくられているので、衝撃や酸にも強く、毎日の食卓で気軽に使っていただけます。

漆器の扱い方Q&A

Q取り扱いの注意点は?


漆は強い紫外線が苦手です。直射日光の当たるところに長時間放置すると、変色したり木の素地を傷める原因になりますので注意が必要です。

Q漆にかぶれることはないんですか?


完全に漆が乾いて(硬化)いればかぶれません。
器に塗った漆は液体から固体に変化し、硬化しているため出来上がってお店に展示してある器はかぶれることはありません。

Q電子レンジが使えないんでしょ?


素地の木や漆の塗膜が傷むので、電子レンジだけでなく食器洗い機や乾燥機など、急激に温度や湿度が変化するものはつかえません。

Q漆の匂いを取るには?


仕上がったばかりの漆器は漆独特の香りともいえる匂いがありますが、風通しのよい日陰で一、二週間陰干しをすると気にならない程度に匂いがとれます。また、温かい米のとぎ汁に酢を少量入れて、漆器を洗えば消臭効果があります。

Q台所洗剤を使っても大丈夫?


薄めて使えば大丈夫です。でも、ひどい油汚れがなければ水洗いで充分です。洗った後は柔らかい乾いた布で水気を拭き取っておいた方がいいです。

Q重ねて収納しても大丈夫?


普段使いの漆器を重ねて収納する時は、器と器の間に柔らかい紙か布をはさめば安心です。くれぐれも焼きものと一緒に重ねる事はさけてください。陶器の底でスリ傷が出来る場合があります。

Q光沢がなくなってきたら?


長年使っているうちに艶がなくなってきた時は、綿にごく少量の菜種油をつけて表面を拭き、柔らかい布で油のくもりがなくなるまで磨けば光沢がもどります。

Q修理してもらえるのですか?


漆のよい点は修理して長く使っていけることです。費用や修理にかかる日数はさまざまなので漆の器を扱っているお店に相談してください。

top_008.png
top_004.png
top_009.png

COPYRIGHT(c) kagawashikki.org ALL RIGHTSRESERVED.