彫漆(ちょうしつ)について

漆を何回も塗り重ねてその表面をケンで彫り、美しい模様を作り出すのが彫漆です。香川の彫漆の特徴は色漆を塗り重ねて彫るところにあり、例えば、赤漆三十回、緑漆三十回といった具合に塗り重ね、欲しい色層まで表面を彫り下げることにより、埋もれていた漆の色が表れ、芸術性豊かな絵模様が描き出されます。漆塗りのなかで一番漆の特長が生かされた技法です。室内インテリアとしても広く親しまれています。

彩漆の層を掘りあげた立体感のある絵画調の漆彫刻

彫漆は中国の堆朱、堆黒、紅花緑葉など厚く塗り重ねた漆の層を彫刻する技法として日本に伝わりました。漆塗の中で最も漆の特徴が生かされた技法です。彫漆は何層にも塗り重ねた色漆の層を考慮しながら精密に計算された刀(ケン)の動きによって絵模様を彫り浮かべていきます。立体感があり、繊細な名品が数多く製作されています。明治、大正、昭和へと受け継がれた漆芸界から彫漆の重要無形文化財技術保持者(人間国宝)故 音丸耕堂を排出し、今日も多くの名匠がこの世界で活躍しています。

彫漆は

黒、朱、黄、緑などの色漆を数十回、多いものでは百回以上も塗り重ねて厚い漆の層をつくり、この色漆の層を彫刻して立体感のある模様を彫り出す技法です。

彫漆は約千二百年前の唐時代に中国で起こり、宋、元、明時代へと盛んに製作されるようになり、日本へは室町時代、留学僧や帰化僧などを通じて供仏器や貴人の調度品として渡来しました。

彫漆の中で朱漆ばかりを塗り重ねて模様を彫刻したものを「推朱」、黒漆のものを「推黒」と呼び、また、緑漆を塗り重ねた上に朱漆を塗り重ね、花を朱漆で、葉の部分を緑漆で彫り表したものを「紅花緑葉」といいます。
当時、彩漆は朱、黒、黄、緑、褐色の5色に限られていましたが、明治になってチタニウムの白漆が開発され、白色の顔料と他の色を染めたレーキ顔料により、青や紫、ベージュなど中間色も自由に出せるようになりました。
彫漆の素地は漆の厚い層を塗り重ねるため、その歪みに耐える丈夫な材質を選択します。
中でも、筥類や盆などは重くなりすぎないよう藍胎(竹ひごで編み上げる)素地や、乾漆法による薄くて丈夫な方法が採用されます。
そして、素地の表面に色漆を塗り重ねる場合、出来上がりを最初に想定し「篦塗り→刷毛でむら切り→乾燥→研ぎ」を繰り返します。
漆を一度に厚く塗ると芯乾きしないで表面に縮みができ、その上に塗り重ねると後に剥離する原因になるので、細心の注意が必要な工程となります。
塗り上がった表面を彫刻する時は、何層にも重ねた色漆の層を考慮しながら緻密に計算されたケン(彫刻刀)の動きによって模様を彫っていきます。
こうした丹念な作業の結実として、玉楮象谷の漆作品には、「忘貝香盒」、「紅花緑葉饌盒」、「菊文の鼓箱」など比美ない気品と格調高い作品が数多く残されています。
また、明治、大正、昭和と受け継がれた漆芸界からは幾人もの名匠が輩出、昭和30年、蒟醤の故磯井如真とともに、相前後して故音丸耕堂が重要無形文化財、彫漆の技術保持者として認定され、昭和51年には彫漆技術が国の伝統的工芸品の指定を受けました。

top_008.png
top_004.png
top_009.png

COPYRIGHT(c) kagawashikki.org ALL RIGHTSRESERVED.